MENU

調剤薬局事務とはこんな資格!

調剤薬局事務

 

薬剤師の事務業務をサポートできる
『レセプト』の流れが理解できる
未経験でも『今から』目指せる

 

 

調剤薬局は医薬分業の流れで数が増え続け、『今やコンビニよりも多い』とさえ言われています。その数だけ必要になるのが、受付やレセプト作成をする事務員さんの存在です。

 

当サイトは初めて調剤薬局事務を学ぶ人のために、仕事の流れや試験の難易度、勉強方法をまとめました。未経験の人にも『わかりやすく』解説しています!

 

 

調剤薬局事務ってどんな事するの?

調剤薬局事務とはどんな仕事

 

調剤薬局事務は薬局の受付に立ち、患者さんから『処方せん』を預かるのが主な仕事。受け取った処方せんをチェックして薬剤師さんに伝えたり、『レセコン』と呼ばれるパソコンに入力します。

 

そしてレセコンに入力した情報をもとに調剤報酬明細書(レセプト)を作成します。この作業は薬局全体の収入に関わるので、調剤薬局事務員さんにとって一番重要な仕事と言えるでしょう。

 

調剤報酬明細書(レセプト)とは

 

医療事務や調剤事務に初めて触れる人は、

 

調剤薬局事務とは レセプトとは

 

と頭に『???』が浮かびますよね。

 

レセプトとは、『患者さんに調剤した費用のうち、医療保険の負担分を保険者に請求する作業』のことを言います。

 

 

例えば

私たちが調剤薬局で薬をもらうとき、保険証を出すと医療費が安くなりますよね。

 

調剤薬局事務 調剤報酬明細書とは

※画像引用:全国健康保険協会(けんぽ)

その安くなった差額(保険負担分)を、健康保険組合など『保険者』に支払ってもらうために請求書を作るのが主なお仕事です。

 

 

レセプトは患者さん1人に付き1枚作成します。数が多いうえに計算が細かいため、薬剤師さんだけでは捌ききれません。そこで調剤薬局事務員さんが求められるというわけです!

 

医療事務より学ぶ範囲が狭い

 

調剤薬局事務とよく似たものに医療事務があります。この2つはざっくり分類すると、

 

  • 医療事務  …診療報酬の計算
  • 調剤薬局事務…調剤報酬の計算

 

のように分けられます。厳密にいうと、医療事務という大きな枠の中に調剤薬局事務があるとイメージするとわかりやすいかもしれません。

 

 

調剤薬局事務とは 医療事務との違い

 

 

覚える範囲でいうと調剤薬局事務のほうがかなり狭いです。初心者から勉強して資格を取るなら、調剤薬局事務のほうが取り組みやすいのがわかりますね!

 

調剤薬局事務の資格を取るには

調剤薬局事務 資格 取り方

 

調剤薬局事務の資格にはいくつか種類があり、代表的なものだけでも6種類。どれが良いか迷ってしまいそうですが、どれも国家資格ではなく『民間資格』。学ぶ内容はさほど変わりません。

 

資格は検定試験を突破すると取得できます。受験資格不要で誰でも受験できますが、

 

  • 独学で受験できる資格
  • 特定の講座を受講すれば受験できる資格

 

に分かれます。どれも難易度は高くなく、他の医療系資格に比べると合格率も格段に高いです。

 

とはいえ初めての勉強で不安がある人は、通信講座や短期スクールを利用してカリキュラム通りやれば確実でしょう。中には『調剤事務管理士』のように、講座さえ受講すれば『在宅受験』できる資格もあります。

 

調剤薬局事務の資格を取る7つのメリット

 

  1. スキルと知識を証明できる!
  2. 未経験でも取得しやすい!
  3. 安定して需要がある!
  4. 勤務地がコンビニ並に多い!
  5. ブランクがあっても働きやすい!
  6. ほとんどの資格に有効期限がない!
  7. 薬の正しい知識が身に付く!

 

やはり最大のメリットは働きやすさ!調剤薬局の数だけ事務員さんが必要になるので、年間を通して需要があります。求人数も比較的多いので、条件が合えばすぐに働けるが嬉しいですね。

 

一度知識を身に付けてしまえばブランクがあっても大丈夫。結婚や育児で仕事をお休みしていた人でも、再就職の武器になります!未経験からでも取りやすい手軽さも魅力♪

 

 

調剤薬局事務の資格にかかる費用

調剤薬局事務 資格 費用

 

資格取得までにかかる費用は勉強方法によって変わります。大きく分けると独学・通信講座・短期スクール・専門学校の4つがありますが、大まかな学費の目安は以下の通り。

 

独学

5,000〜15,000円
テキスト、問題集、受験料など

通信講座

35,000〜45,000円
受講料、テキスト料、受験料など

通学講座

40,000〜100,000円
入学金、受講料、テキスト料、交通費、受験料など

専門学校

1,200,000〜1,800,000円
入学金、授業料、実習費、設備費、交通費など

 

調剤薬局事務にかかる費用は、医療・薬学系の資格に比べてかなり安め。

 

独学は1万円前後で受験できますし、多くの人が利用する通信講座でもかかる費用は5万円以下。医療事務や登録販売者の講座に比べると平均1〜2万円は安く受講できます。

 

合格しやすい勉強方法は?

調剤薬局事務 資格 勉強方法

 

費用面で見ると独学が安いですが、調剤薬局事務の資格には講座を受講しないと受験できない資格が存在します。

 

■受験資格不要の資格
・調剤報酬請求事務専門士
・調剤事務管理士(R)

 

■講座受講で受験資格が得らえる資格
・医療保険調剤報酬事務士
・調剤薬局事務士試験
・調剤報酬請求事務技能検定

 

■講座修了で認定が受けられる資格
・調剤報酬請求事務技能認定

 

このように独学では取得できない資格もあります。

 

また受験資格不要のものでも、『調剤事務管理士』のように講座受講で在宅受験できるものもあります。初めて勉強する人なら通信講座を利用するのが一番確実でしょう!

 

自分に合った講座の探し方

調剤薬局事務 講座 おすすめ

 

通信講座や短期スクールを利用すると、ポイントだけまとめて学習できる・わからない部分を指導してもらえるなど多くのメリットがあります。費用もそこまで高くないので、資格を狙っている人は是非チェックしてみてください。

 

しかし講座は一つではありません。調剤薬局事務だけでも

 

 

など多くの種類があり、カリキュラムやテキスト、費用はそれぞれ違います。下調べせずに申し込むと思わぬ失敗をすることもあるので、講座選びは慎重にいきたいところ!

 

資料請求で講座を比較してみよう

 

まずは講座の情報を集めるために資料請求してみましょう。

 

各社ともテキストの中身や学費シミュレーションをまとめたパンフレットを用意しています。そちらを取り寄せて、講座同士を比較してみると自分に合ったものを見付けやすいです。

 

おすすめの資料請求サイト

ブラッシュアップ学び 調剤薬局事務講座

画像の『ブラッシュアップ学び』は、全国で受講できる通信講座・通学講座の資料を一括請求できるサイトです。

 

資料請求は無料
複数講座の一括請求もOK
煩わしい会員登録は不要

 

調剤薬局事務 資料請求

 

CMやネットの情報だけではわからない点も細かく載っています。何社取り寄せても無料なので、失敗しない講座選びに役立ててくださいね!

 

 

調剤薬局事務に関するQ&A

Q.資格が無いと仕事ができないの?

A.資格が無くてもできます。
調剤薬局事務のお仕事は無資格・未経験でも始められます。とはいえレセプト作成や処方せんの見方を一から覚えることになるので、未経験なら事前に勉強しておいた方が働きやすいでしょう。

Q.調剤薬局事務員は男性でもなれる?

A.求人があればなれます。
男性でも、調剤薬局事務員として活躍している方はいます。ただ現状では男性の募集は少なく、大半は女性が占めているようです。根気強く求人をあたってみましょう。

Q.薬剤師との違いは?

A.薬を直接扱うか・扱わないか。
調剤薬局内での役割はハッキリ分かれています。簡単に分けると薬剤師=お薬の調剤や服用方法の説明など、調剤薬局事務=調剤はせず、処方せんの処理や事務作業だけを行います。

Q.パソコンができない。できた方がいい?

A.できた方がいいです。
受け取った処方せんをパソコンに入力したり、レセプトを作成したり…これら仕事の大部分はパソコンを使います。『まったくパソコンに免疫がない』という人は、ある程度文字入力くらいはできるようになっていた方がいいでしょう。

Q.ネイルや髪型・髪色は自由?

A.職場の規定によりますが…
調剤薬局には、体調を崩した『患者さん』が訪れます。そこに派手な格好の受付事務員がいたら患者さんはビックリしてしまうので、地味目な格好を指導している薬局が多いようです。モラルの問題ですが、ネイルは好まれません。

Q.調剤薬局事務の資格は履歴書に書ける?

A.書けます。
資格はいくつか種類がありますが、すべて履歴書に記入することができます。未経験でも資格があれば、知識とスキルをアピールできますよ!

Q.どれくらい勉強すればいいの?

A.約2ヶ月が目安。
通信講座や独学での自学学習なら2〜3ヶ月、スクールに通って一気に取得するなら1〜2ヶ月の勉強が必要です。中には1か月未満で資格が取れる短期スクールもあります!